「美しさは日頃の言動が左右する?」美の為に改善すべき言動

「美しさは日頃の言動が左右する?」美の為に改善すべき言動

美しさを磨きたい、そんな人が注力して欲しいのが、日頃の言動です。

どんなに外面をキレイに取り繕っても、内面が伴っていなければいずれボロが出ます。
しかし逆に、日頃の言動を正していく事で、自ずと美しさは磨かれていきます。
美しさとは、上辺だけキレイにするだけでなく、ちゃんと内面も磨くべきなのです。

かの有名な女優、オードリー・ヘプバーンもこんな名言を残しています。
美しい唇である為には美しい言葉を使いなさい。
美しい瞳である為には他人の美点を探しなさい。

つまり彼女も、美しさを保つにはまず己の言動を重視すべきという考えだったようです。実際美しい女性だった彼女が言うのですから、説得力が違いますね。

美しさは言動から「姿勢を良くする事で見栄えが良くなる」

美しさは言動から「姿勢を良くする事で見栄えが良くなる」

美しさとは、そういう訳で日頃の言動を改善していく事で、磨かれるべきなのです。そこでまずは、改善方法が最もわかりやすい姿勢を正しくしてみてはどうでしょうか?

立ち姿、座る時の姿勢、いずれも背筋を伸ばさず悪い姿勢でいると、見栄えも悪いので非常に美しくない。
美しく立ち振舞いたいのであるなら、背筋を伸ばして正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

幸い、姿勢の改善は意識すればさほど難しくないと思いますので、これからまずは試してみて下さい。

美しさは言動から「マイナスワードは心も身体も蝕む」

美しさは言動から「マイナスワードは心も身体も蝕む」

美しさを磨く言動で、日頃使う言葉にも注意しましょう。マイナスワードってご存知ですか?

マイナスワードとは、「死ね」だの「クズ」だのといった、ネガティブなワード。要するに悪い言葉遣いの事ですね。
とある実験で、炊いたお米を2つの瓶に入れて、片方には「ありがとう」という言葉を書いたラベルを、もう片方には「ばかやろう」と書いたラベルを貼って放置してみたそうです。
結果、「ばかやろう」と書いたラベルを貼ったお米の方が、遥かに早くカビてしまったようです。逆に、「ありがとう」のラベルを貼った方のお米は、カビの進行が遥かに遅かったようです。

日本では古来より言霊といって、言葉には霊的な力が宿ると言われています。
汚い言葉遣いには負のエネルギーとでも言うのでしょうか、悪影響を及ぼしかねない何かがあるというのが、上記の実験でわかります。

これは人間も同様、汚い言葉遣いというのは言われる方だけでなく、言う方の身も心も蝕んでしまうのです。
だから、美しさを磨く上の言動で、言葉遣いを正す事も重要と言えるでしょう。

美しさは言動から「目ざとくあるべきは汚点よりも美点」

美しさは言動から「目ざとくあるべきは汚点よりも美点」

美しさを磨く上での言動で、目で見るものも大切になってきます。
これは、キレイなものばかり見ろという意味ではなく、汚点よりも美点に目ざとくあるべきだという意味です。

人が誰かを評価する時、中には悪い点ばかり見ようとする人がいると思います。そんな人が、美しいと言えますか?
否、絶対にそうは言えないでしょう。

本当に美しい人というのは、他人の汚点よりも他人の美点の方が良く見えるものなのです。
だから、美しさを磨く言動を心がけるなら、他人の短所よりも長所を見つけられる人間になるべきだと言えるでしょう。

美しさを言動から磨くのと同時に…

美しさを言動から磨くのと同時に…

美しさを磨く為の言動を挙げてみましたが、どれも人としても大切な事です。なので逆に言えば、
人として真に正しく有れば、本当に美しい人間にそれだけ近付けるという事なのです。

さて、もし上記の言動を試すのなら、同時にこちらも試してもらいたいと思います。
それは、ルイボスティーです。
美容とダイエットに効果的として、今多くの人に注目を集めています。詳しくは下記のリンク先の記事をご覧下さい。

ルイボスティー私のおすすめランキング『迷ったらこれ!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です