水素水はボトルで決まる!?~意外と知らない豆知識~

水素水のボトルの選択 おすすめは?

水素水の保存容器に注目してみましょう。

効果的な水素水を正しく使用するためには、適切な容器で保存できる訳ではありません。

お金を出してただの水を飲んでいる、なんてなりたくないですもんね。

水素は原子の中でいちばん小さくて軽いというのはご存知ですか?

そんな水素水をてきとうな容器に入れて保存してしまえば、いざ水素水を飲むという時には、すっかり水素水が抜けてしまっているんです

わかりやすく言うと、炭酸水の炭酸が抜けてしまうのと同じ原理。

だからこそ、水素水の保存に向いている容器で水素水を愛用する事は必要不可欠です

2時間以上の保存の場合

2時間以上の保存の場合

2時間以上の保存の場合では、ペットボトルでは、やはり水素は抜けてしまうと考えてください。

逆に1~2時間程度で飲むという場合には、ペットボトルだって、コップでも問題はありません。

しかし、市販の水素水は長期保存を意識しているため、やっぱりペットボトルは不向きと考える事ができます。

水素水の保存方法

水素水の保存方法

水素水をどのような方法で保存すればいいかといえば、方法にはペットボトルの保存アルミボトル、更にアルミパウチの方法があります。

ペットボトルで保存

ペットボトルで保存

ペットボトルの保存は、比較的安易に購入する事ができます。

しかしデメリットは、やはり水素が抜けやすい点です。

ペットボトル内に水素発生源がない場合では、飽和水素水を保存すれば、27時間水素濃度がほとんどゼロ状態になると言われています。

安価で購入できるというものの、やはり利用するものが水素水でなければ意味はありません。

アルミボトルの場合

アルミボトルの場合

お次はアルミボトル。

・ペットボトルよりも水素が抜けにくいメリット

・遮光性が高く水素水に直接日光が当たらない

このようなメリットがあります。

普通なら水素水に日光があたってしまう事で、水素の動きが活発になり抜けやすくなってしまうのです。

しかし、アルミボトルにもデメリットはあります。

それは水素水にアルミの味が移ってしまう事。

アルミボトルの場合でも、飽和水素水を保存した場合、およそ30時間程度で水素濃度はゼロ状態になります。

味の移りについては、使うアルミボトルの種類、性能によっても多少違いがあります。

どのような感じなのかは、アルミ製の水筒で水を飲んだという人たちなら多少理解出来るかもしれません。

気にならない人たちもいるようですが、一度気になり出すともう気になってしょうがない、なんて人も。

アルミパウチの場合

アルミパウチの場合

次の方法は、アルミパウチです。

アルミパウチの水素水なら、長期保存も問題はありません。

いつだって一番理想の水素水を飲めるメリットがあります

ただし、アルミパウチの場合が一番価格的に高いのが難です。

水素水スティック

水素水スティック

ペットボトルに、水素発生源がないと、27時間程度で水素が抜け切ってしまう事になります。

しかし、ここで、水素水スティックに注目をすれば、実際にはペットボトルの中で水素が抜けるスピードよりも、水素水スティックから水素の発生するスピードの方がはやく、時間が経過しても水素濃度を維持、更に高くする事ができます。

水素水スティックで、いま人気の商品は、「セブンウォーター」。

ペットボトルに入れ12時間放置するだけで、超高濃度水素水を自分で簡単に作る事ができます

やっぱりアルミパウチか

やっぱりアルミパウチか

スーパードラッグストアネット通販などでも様々な商品を購入する事ができますが、ちょっと高いと思っても効果をより期待したい方はアルミパウチを使いましょう。

一度開封した後も、再密封する事で24時間以上水素濃度を維持する事ができます

業者が出荷した物だから安心と思いがちですが、工場から出荷され店頭に並ぶ頃には水素濃度がゼロになっている可能性も実は否定できないのです。

アルミパウチ水素水で特に人気があるのが「トラストウォーター」です。

完全密封容器で水素が特に抜けにくいように工夫されており、九州の九重連山の麓で取水できる超軟水、3.0ppmもの高濃度の水素を簡単に摂取する事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です