サラシアは糖尿病とどんな関係があるの?

サラシアは糖尿病とどんな関係があるの?

皆さんこんにちは!

今日お話するのは、とても問合せが多かったサラシアと糖尿病についてです。



サラシアには、糖尿病対策の効果があり多くの人が愛用しているのは有名ですが、ではなぜサラシアがそんなにも糖尿病対策として人気が高いのか。

それをお話していこうと思います♪

サラシアと関係の深い糖尿病とは?

サラシアと関係の深い糖尿病とは?

まず、糖尿病について簡単にご説明していきます。

実は、糖尿病には4つの種類があるんです。

1型糖尿病 すい臓の細胞が壊され、インスリンという成分の生成ができなくなり発症。
2型糖尿病 ストレス、加齢、肥満、運動不足等でインスリンの分泌や働きが悪くなり発症。
妊娠糖尿病 妊娠中はわずかな高血糖でも胎児に影響を与えるため、妊娠糖尿病などと呼ばれていますが、これは糖尿病には至っていない糖代謝異常の事です。
特定の原因によるその他の糖尿病 遺伝子異常、又は他の病気や薬が原因で発症。

この中で、最も知名度が高い糖尿病が2型糖尿病であり、糖尿病患者の内90%はこの2型糖尿病患者だと言われています。



そんな糖尿病のイメージが生活習慣病、中年~高齢者の中で多い病気のイメージを作っているのもこの2型糖尿病が原因。



しかし、実は糖尿病は老若男女誰でもなる病気であり、1型糖尿病はむしろ若年者の発症率の方が高いという研究結果もわかっていたり、油断大敵ですね…。

だからこそ、サラシアは糖尿病対策として若い方にも多く愛用者がいるのもこれで納得がいくとは思いませんか??

糖尿病の症状

糖尿病の症状

次は糖尿病の症状を見ていきましょう。

以下の表に糖尿病の症状をまとめました↓

多尿 糖は尿として出る場合水分を一緒に排出するため尿の量が多くなります
口渇・多飲 多尿により水分不足になり、のどが渇きやすく飲み物の量が増えます。
体重減少 糖が尿として出てしまうため、エネルギー不足となり体重が減少します。
疲労感 エネルギー不足と体重の減少で疲労感がひどく元気が出なくなります

こんな症状が出ると、普通の日常生活を送る事さえ難しくなります。

サラシアは、そんな糖尿病の弊害を避ける為にも常に摂取している人がとても多いのです。

サラシアと糖尿病の関係

サラシアと糖尿病の関係

糖尿病への対策を多方面からサポートするサラシア。そんなサラシアは古来より薬用植物として用いられてきたんです。



しかし、確かに糖尿病に効く事はわかっていても、なぜ効くのかという部分が曖昧でした。



そこで、サラシアの研究が近年開始され、その結果サラシアには高い血糖値上昇抑制効果がある事がわかり、そのしくみは医学品顔負けの効果を発揮することが判明したのです。



それに加え、サラシアは糖尿病の合併症である網膜症腎症神経障害動脈硬化心臓病脳卒中の発症を抑える効果がある事まで判明。



まさに、サラシアは薬用植物界の糖尿病専門医ですね!

サラシアは糖尿病の医療現場でも使われている!?

サラシアは糖尿病の医療現場でも使われている!?

サラシアの糖尿病に対する効果は、医療の場でも効果が認められています。

そのため、最近では実際に医療現場でも糖尿病の患者さんにサラシアの投与が行われているそうです。


その結果、糖尿病患者さんのヘモグロビン数値の改善や、体重が見事に減少するという結果も表れ、サラシアは多方面での活躍が期待されています。



肥満や糖尿病は、そこからさらに恐ろしい病気を発症する原因になる為、健康な時からサラシアを利用し、健康を維持する事が何よりも大事なんですよ♪

さいごに

さいごに

サラシアには先程より少々お話しましたが、糖尿病以外にもダイエット効果の高さでも有名です



サラシアは体内への糖質吸収を抑え、脂肪をエネルギーとして燃焼する効果もあるので、ダイエット目的の利用者が多く、その評判の高さは折り紙付き。



糖尿病対策だけでなく、ダイエットをしたい方もぜひサラシアを利用してみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です