青汁のケールに注目してみた~ケールは「野菜の王様」~

青汁のケールに注目してみた~ケールは「野菜の王様」~

ドラッグストアなどへ行けば必ず置かれてある青汁なのですが、青汁は決して種類がひとつではありませんので、選択に迷っている方々も多く見かけます。

私達はどのような青汁の選択がいいのでしょうか?
もちろん、多くの人たちが青汁は健康になりたいから飲んでいます。だからどうせ選ぶなら、より栄養が豊富な物が望ましいと思います。

そこで、おすすめなのが「ケール」の入った青汁です!

ケール青汁の「ケール」ってどんな野菜?

ケール青汁の「ケール」ってどんな野菜?

ドラッグストアで多く見かける「ケール」の青汁。そもそもケールという言葉自体があまり馴染みのない言葉ですよね。

ケールとは、地中海沿岸に生育しているアブラナ科の植物のことです。和名は緑葉甘藍(リョクヨウカンラン)といいます。スーパーマーケットで簡単に見かけるものではありませんが、 ケールの栄養価はとても高いです。
みなさんはケールが野菜の王様と言われているのをご存じでしょうか?

ケールは野菜の王様と言われている

ケールは野菜の王様と言われている

ケールは地中海原産ではありますが、日本でも青汁の原料としてこのように使用されて、現在では南は沖縄から、北は北海道に至るまで1年中栽培されています。実際には、海外では野菜の王様と言われているほどなので、世間が見逃すはずはありませんよね。
その高い栄養価によって、「スーパーフード」として確固たる地位を確立している野菜がケールなのです。

青汁の材料になること自体は、これほどまでのスーパーな野菜なので、全然疑う余地はありません。 しかし、日本人の方々もそれほどまでにスーパーな野菜を一度、スーパーマーケットで直に購入して食べてみたいという気持ちも起こったりするのではないでしょうか?

ケールは実際どんな味がする?

ケールは実際どんな味がする?

ケールは率直に言えば、慣れればなんとかなる感じですが、ケールは身体に良いと聞かなければ、敢えて好んで食べない程度の味です。 生のケールをひと囓りした印象は、やっぱり苦いです。苦い以外に印象がなく、決して味的には、魅力的な食べ物とは言えません。何も聞かされないのなら、これは食用ではなく、雑草を食べているかなという感じなのです。

生のまま食べるというのは…

ケールは、生のまま食べるというのでは、ちょっと挫折してしまいそうな味なのですが、他の野菜と混ぜたり、スープに混ぜたり他のものと誤魔化すことによって美味しく食べることができます。

実際には、生のままでは、ケールは決して美味しいものではないため、日本のスーパーマーケットで購入するのは困難と言えます。ただし、確実に欲しいと思えば、インターネットショッピングなどでは購入することができるので、欲しい人は一度購入の検討をしてみてはいかがでしょうか?

ケールは青汁で摂ろう!

ケールは青汁で摂ろう!

一般的ではないと言いますが、ドラッグストアには、多くのケールの青汁が販売されています。この矛盾をどう説明すればいいかといえば、やっぱり、ケールは、健康にいいから、決して日本においても見逃されている食べ物ではないということです。
しかし、やっぱり、生で食べるのはちょっとつらいから認知度が低いという感じでしょうか。

だから、多くのみなさんが、ケールを青汁として飲んでいるのです。ケールを飲食している人の数は増大して行くばかりです。それでも、実際には、まだケールについて知らないという人たちがいるのかもしれませんが。

ケール入り青汁の評価

ケール入り青汁の評価

ケールには、食物繊維が豊富に含まれており、抗酸化ビタミンやカルシウム、βカロテン、ミネラル、葉酸、たんぱく質が豊富です。 特にβカロテンは、トマトの5倍、カルシウムは牛乳の2倍です。
葉酸もケールにはしっかり含まれ、 快適な睡眠を得るために重要なメラトニンも豊富です。ケールの青汁は、不眠症を改善するのにもとても効果的なのです。

ケールの青汁には更に、老化防止やストレス緩和、美肌効果、骨を丈夫にしたり、血流の改善、便秘解消、目の健康にも効果があり、 まさに万能野菜であり、「野菜の王様」と呼ばれるのか理由は一目瞭然です。

▶そんなケール入り青汁をランキングから探してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です